電子カルテ導入の手引き

こんな課題も解決できます

課題:院内の業務をもっと効率化したい。

解決のキーワードは「電子化」
診療情報の電子化で、事務や周辺作業の迅速化・効率化が図れます。 電子カルテの導入で診療情報を電子化すると、カルテ庫からカルテを探し出し、運び、収納するという作業がなくなり、検査報告書の貼り付けなどの雑務からも開放されます。受付が終わればすぐに診察が開始でき、診察終了と同時に処置や会計の作業が可能です。特に、ストレスの溜まる診察後の会計待ち時間が短縮されるので患者様の満足度も大きく向上します。

課題:手書きによる読み間違えや記入ミスを減らしたい。

解決のキーワードは「再利用」
情報の再利用で、転記・記入ミスが防止できます。 電子カルテでは、一度入力した情報は、無駄なく後続のプロセスで再利用されるため、読み間違えや解釈ミスなどが入り込む余地がありません。また、検査伝票や処方箋も医師の入力データからそのまま印刷されるため、転記ミスの心配もありません。さらに、レセコンへの入力作業も無くなりますので、入力ミスや請求漏れのリスクも低減できます。

課題:インフォームドコンセントを効果的に行いたい。

解決のキーワードは「ビジュアル化」
ビジュアル化により、コミュニケーションの強化が図れます。 電子カルテには診療情報を分かりやすく表示する多彩な機能が備わっており、充実したインフォームドコンセントのための強力なツールにもなります。検査結果のグラフ表示やレントゲン、内視鏡などの画像システムとの連動により必要な情報をすばやく分かりやすく患者様に提供することができます。

課題:患者様の個人情報をしっかり守りたい。

解決のキーワードは「一元化」
診療情報の一元化で、個人情報をしっかり保護できます。 電子カルテの導入により、診療情報をサーバに一元化することができます。一元化された情報が格納されるサーバに適切なセキュリティ対策を施し、このサーバの情報をアクセスする端末側にデータを残さないようにすることで、情報漏えいの危険性は大幅に低減できます。また、婚姻で姓が変わる場合などでも一元化された情報であれば一箇所を修正することで必要なすべての情報に反映するため、紙媒体のような不整合が生じません。