Medical Station CLINIC概要

他社システムとの連動

予約システム、心電図、画像ファイリング…。さまざまなシステムとの連動により、より効果的な医療システムが実現できます。

画像ファイリング 患者情報を共有することで、カルテを開きながらその患者様の
レントゲンや内視鏡、エコーなどの画像を呼び出し、表示する
ことができます。
心電図 患者情報を共有することで、カルテを開きながらその患者様の
心電図のデータを呼び出し、表示することができます。
予約システム 患者様がスマートフォンなどからインターネットを使い診療等の
予約を取ることが可能になります。また、電子カルテへ自動で
チェックインされます。
薬剤情報印刷 院内で処方したお薬の薬剤情報を出力することができます。
オージオメーター 電子カルテの端末で聴力測定器の結果を確認することができます。
診察券自動発券機 登録した患者様の情報を印字した診察券の発行ができます。
自動精算機 会計情報を共有し、診療費の精算、領収書・明細書の発行が
できます。
オンライン診療 電子カルテの端末でテレビ電話をつなぎ、オンライン診療が
できます。
タブレット問診 自宅または来院時にタブレットを用いて問診をとり、
その内容をカルテに転記することができます。
透析システム 透析室でのチェックイン情報が電子カルテへ転送され、
透析指示条件、実績内容の参照も可能です。
実績内容はカルテに転記されそのまま算定が行えます。
血糖自己測定器 血糖自己測定の結果を簡単に取り込み、
カルテからデータを参照することができます。
院内検体検査装置(POCT) 院内検査機器から出力されたデータをカルテの結果欄に
自動で取り込み一覧で表示することができます。
介護保険請求システム 電子カルテから介護保険請求サイトへアクセスし、
介護保険レセプト作成、オンライン請求を行うことができます。
処方チェック・
レセプト点検システム
処方された薬に対し、適応病名のチェックを行います。
適応となる病名がない場合は病名候補より簡単に追加ができます。
また、診療行為と病名の適応性についても同様に点検を行います。
音声入力 マイクに向かって話した言葉がテキスト変換され入力されます。
地域医療
(病診・診診)連携
SS-MIX2形式でカルテデータの送信を行い、各地域医療ネットワークを通じて集約された診療情報を該当医療機関で共有できます。