2010年 学会発表

第57回日本臨床検査医学会学術集会 (2010/09/09-09/12 東京)

新型インフルエンザ(SOIV)症例における迅速抗原検査の感度、特異度

山口晃, 梅田陽, 仲間恵美子, 北舘克憲, 木村聡
昭和大学横浜市北部病院 臨床検査科
株式会社ビー・エム・エル

透析液(透析用水)における微生物検査

霜島正浩, 古畑健司, 大山幸宏
株式会社ビー・エム・エル自動分析部血液化学課

栄養要求の厳しい菌用192ウェルドライプレート(栄研化学)のMICプレートの評価

古畑健司, 霜島正浩
株式会社ビー・エム・エル形態分析部細菌検査課

高リスク群ヒトパピローマウイルス判定例での個別型分類の調査・集計

山嵜肇史, 河村勝美, 田所健一, 山口敏和
株式会社ビー・エム・エル特殊分析部

第59回日本医学検査学会 (2010/05/22-05/23 神戸)

クォンティフェロンTB-2Gの米国における判定基準

富井貴之, 崎田友紀, 霜島正浩, 工藤康之
株式会社ビー・エム・エル総合研究所

可溶性インターロイキン2受容体測定試薬「IL-2Rテスト・BML」の基礎的検査

飯沼克弘, 平塚高司, 高野洋, 八塚信明, 坪井五三美
株式会社ビー・エム・エル総合研究所

日本臨床検査自動化学会 第42回大会 (2010/10/07-10/09 神戸)

"アーキテクト・ProGRP"試薬の基礎的検討と血漿における健常人測定値の検討

大園強, 柴田健治, 奈良部安, 江頭徹, 工藤康之, 中村貞博, 荒井信貴
株式会社ビー・エム・エル

第47回関東甲信地区医学検査学会 (2010/11/27-11/28 大宮)

シンポジウム「結核と非結核性抗酸菌症-過去・現在・未来-」1.抗酸菌検査の変遷と展望

霜島正浩
株式会社ビー・エム・エル総合研究所

第14回日本肝臓学会大会 (2010/10/13-10/14 横浜)

PCR-Invaderを用いたHBV-DNA薬剤耐性変異解析法の検討

田所健一1, 鈴木文孝2, 小林万利子2, 熊田博光2
  1. 株式会社ビー・エム・エル検査管理部
  2. 虎の門病院・肝臓病センター

42回日本動脈硬化学会総会・学術集会 ( 2010/07/15-07/16 岐阜)

Sitosterolemia in two siblings: 9 year-old sister with arthritis, fwver and aortic valve regurgitation and 11 year-old brother with arthritis

Ken Fukuda1, 2, Naoto Shimura1, 2, Go Ichikawa1, 2, Satomi Koyama1, 2, Osamu Arisaka1, 2, Hiroaki Hattori3
  1. Dokkyo medical University Tochigi Children's Medical Center
  2. Department of Pediatrics, Dokkyo Medical University
  3. Department of Advanced Medical Technology and Development BML

Plasma RLP is Removed by Hepatic LDL Receptor and Muscle VLDL Receptor and also Taken up by Macrophage VLDL Receptor for Foam Cell Formation

Michiko Iwasaki1, Sadao Takahashi1, Yasuo Zenimaru1, Tomoko Kimura1, Jinya Suzuki1, Isamu Miyamori1, Tadao Iwasaki2, Hiroaki Hattori2, Takamitsu Nakano3, Katsuyuki Nakajima3
  1. The Third Development of Internal Medicine, University of Fukui, Faculty of Medical Science, Fukui, Japan
  2. Department of Advanced Medical Technology and Development, BML, Inc., Kawagoe, Japan
  3. School of Health Sciences, Faculity of Medicine, Gunma University, Maebashi, Gunma, Japan

14th International Congress of Immunology  第14回国際免疫学会議 (2010/08/22-08/27 Kobe)

The roles of prostagrandin D2 receptors CRTH2 and DP in Th1 or inflammatory reactions

S.Saitoh1, N.Akiyama1, C.Yano1, K.Ishiwata2, N.Watanabe2, H.Hirai3, K.Nagata3, S.Narumiya4, M.Nakamura5
  1. Department of Molecular Immunology, Insitute of DNA Medicine, Jikei University School of Medicine, Tokyo, Japan
  2. Department of Tropical Medicine, JikeiUniversity School of Medicine, Tokyo, Japan
  3. Department of Advanced Medicine & Development, BML, Inc., Tokyo, Japan
  4. Department of Pharmacology, Kyoto University Graduate School of Medicine, Kyoto, Japan
  5. Human Gene Science Center, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan

Quantitative flow cytometric analysis of TLR2 on monocyte using TLR2-coated beads as calibrator

R.Oba1, 2, H.Hiroyuki1, K.Nagata1, N.Masataka2, K.Orihara3, S.Hamasaki3, C.Tei3
  1. BML, INC., Kawagoe-shi, Saitama, Japan
  2. Department of Gene and Molecular Medicine, Division of Advanced Therapeutical Sciences, Graduate School of Tokyo Medical & Dental University, Tokyo, Japan
  3. Department of Cardiovascular, Respiratory & Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Kagoshima University, Kagoshima, Japan

第22回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2010/05/08-05/09 京都)

好塩基球CD203c発現により確定診断したニューキノロン抗菌剤誘発アナフィラキシーの一例

徳田玲子1, 2, 谷田寿志1, 細木興亜1, 平口雪子1, 長尾みづほ1, 藤澤隆夫1, 灰田美知子3, 平井博之4, 橋口明彦4
  1. 国立病院機構三重病院臨床研究部
  2. 徳田ファミリークリニック
  3. 半蔵門病院アレルギー呼吸器科
  4. 株式会社ビー・エム・エル

第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2010/11/25-11/27 東京)

乳児早期消化管型牛乳アレルギー患児での牛乳特異抗原によるリンパ球刺激試験の検討

橋口明彦, 松尾久美子, 八巻厚司, 木村光明
株式会社ビー・エム・エル細胞生物

第16回日本家族性腫瘍学会学術集会 (2010/07/09-07/10 新潟)

登録衛生検査所における遺伝子・染色体検査受託の現状と推移について

横山士郎, 井上浩明, 菅野康吉, 堤正好, 成澤邦明, 藤本英也, 山口敏和, ラーリ・W・ハンキンズ, 巴山顕次, 福嶋義光, 日本衛生検査所協会遺伝子検査受託倫理審査委員会

第52回日本小児神経学会総会 (2010/05/20-05/22 福岡)

GDアレイによる新規染色体微細構造異常検査の構築

会津善紀1, 井本逸勢2, 林深2, 稲澤譲治2
  1. 株式会社ビー・エム・エル先端技術開発本部
  2. 東京医科歯科大学難治疾患研究所分子細胞遺伝

第34回日本小児皮膚科学会学術大会 (2010/07/03-07/04 愛媛)

多抗原陽性食物アレルギー児を対象とした、低アレルゲン化した食品抗原を用いた好塩基球活性化試験

久寿正人1, 楠目和代2, 平井博之3
  1. くす小児科
  2. 愛媛県立新居浜病院小児科
  3. 株式会社ビー・エム・エル先端医療開発部

第58回化学療法学会西日本支部総会 (2010/11/25-11/26 大分)

Micafungin(MCFG)のMIC測定上の問題点

小川美保
株式会社ビー・エム・エル総合研究所

新規エピガロカテキンガレート(EGCG)誘導体の抗菌活性(第一報)

松本佳巳, 小川美保, 市村禎宏, 霜島正浩, 開發邦宏, 加藤修雄, 山口明人
大阪大学産業科学研究所,株式会社ビー・エム・エル総合研究所

第9回日本再生医療学会総会 (2010/03/18-03/19 広島)

体外で増幅した細胞が間葉系肝細胞(MSC)であることを短時間に評価する方法

五十嵐晃1, 久保祐嗣2, 本田清昌3, 金輪真佐美4, 辻紘一郎5, 栗原英見6, 加藤幸夫4

ヒト骨髄間葉系幹細胞(MSC)の品質管理 -マーカー遺伝子の選定

五十嵐晃1, 久保祐嗣2, 本田清昌3, 金輪真佐美4, 辻紘一郎5, 栗原英見6, 加藤幸夫4
  1. 株式会社ビー・エム・エル
  2. シグマックス株式会社
  3. JST成果活用プラザ広島
  4. 広島大学大学院医歯薬学総合研究科探索医科学口腔生化学分野
  5. 株式会社ツーセル
  6. 広島大学大学院医歯薬学総合研究科先進医療開発科学歯周病態学分野

社)日本衛生検査所協会 第16回 学術研究発表会 全国大会 (2010/05/29 仙台)

PCRインベーダー法によるヒトパピローマウイルス型判定検査 ~混合感染例における優勢型判定の実際~

山嵜肇史, 田所健一, 河村勝美, 山口敏和
株式会社ビー・エム・エル特殊分析部

好塩基球活性化反応によるアレルギー検査について

小谷佳子, 小嶋慈之, 熊谷智彰, 平井博之, 松尾久美子, 浦畑美裕紀, 橋口明彦
株式会社ビー・エム・エル

第14回 小児分子内分泌研究会 (2010/07/03-07/4 北海道)

シトステロール血症の兄妹例

志村直人1, 2, 福田謙3, 服部浩明4, 久松聖人1, 2, 市川剛1, 小山さとみ1, 2, 有阪治1, 2
  1. 獨協医科大学とちぎ子ども医療センター
  2. 獨協医科大学小児科
  3. 山口大学小児科
  4. 株式会社ビー・エム・エル先端医療開発部

第47回 日本小児アレルギー学会 (2010/12/04-12/05 横浜)

多抗原陽性食物アレルギー児を対象とした、低アレルゲン化した食品抗原を用いた好塩基球活性化試験(Basophil activation Test:BAT)の報告

久寿正人1, 楠目和代2, 平井博之3
  1. くす小児科
  2. 愛媛県立新居浜病院小児科
  3. 株式会社ビー・エム・エル先端医療開発部

臨床検査会社による牛乳蛋白特異的リンパ球刺激試験(ALST)測定

木村光明1, 田口智英1, 楢林成之1, 王茂治1, 宮沢篤生2, 板橋家頭夫2, 橋口明彦3
  1. 静岡県立こども病院感染免役アレルギー科
  2. 昭和大学小児科
  3. 株式会社ビー・エム・エル

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top