2012年 学会発表

第27回日本環境感染学会総会 (2012/02/03-04 福岡)

全国レベルにおける多剤耐性緑膿菌検出状況

霜島 正浩1、秋山 徹2、切替 照雄2
   1. ビー・エム・エル  
   2. 国立国際医療研究センター

16th International Symposium on Atherosclerosis                                   (25-29Mar2012 Sydney, Australia)

Presence of human soluble very-low-density lipoprotein (VLDL) receptor in serum

Sadao Takahashi1, Yasuo Zenimaru1, Tomoko Kimura1, Mai Ichikawa1, Satsuki Sato2, Jinya Suzuki1, Isamu Miyamori1, Tadao Iwasaki2, Hiroaki Hattori2
        1. Fukui Univeristy School of Medicine
        2. BML, Inc.

Exhaustive analysis of substances removed by LDL-apheresis (LDL-A) treatment

Yumiko Yuasa1, Hisashi Makino2, Noriyuki Iwamoto2, Naoto Minamino1, Ichiro Kishimoto1, Tsukasa Osaki1, Makoto Usami3, Mitsuaki Ishihara4, Tadao Iwasaki4, Mariko Harada-Shiba1

        1. National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute

        2. National Cerebral and Cardiovascular Center
        3. Kobe University
        4. BML, Inc.

日本薬学会第132年会 (2012/03/28-03/31札幌)

アシネトバクターのキノロン高度耐性獲得メカニズム

早川優1、松崎利恵子1、賀来奈那子1、栗原万里子1霜島正浩2、川井眞好3、賀来満夫4山岸純一1
        1. 日本薬大
        2. ビー・エム・エル
        3. 姫路獨協大
        4. 東北大院医

臨床分離アシネトバクターのキノロン感受性とプラスミド性キノロン耐性遺伝子の検出

賀来奈那1、松崎利恵1、細野昌弘1、及川雄太1霜島正浩2、賀来満夫3、山岸純一1
        1. 日本薬大
        2. ビー・エム・エル
        3. 東北大院医

健常人の鼻腔より分離した細菌の薬剤感受性

細野昌弘1、小島和久1、渥美元樹1、浦丸直人1、斎藤博1霜島正浩2、川井眞好3賀来満夫4 、山岸純一1
        1. 日本薬大
        2. ビー・エム・エル
        3. 姫路獨協大
        4. 東北大院医

第115回日本小児科学会学術集会   (2012/04/20-04/22 福岡)

ミルクアレルギーを新生児期に呈した一羊膜二絨毛膜双生児

渡邊 晶子1、加藤 由希子1、 馬場 徹1、 小野 裕之1、 中島 信一1、 福家 辰樹1、 大石 彰1、 緒方 勤1、 橋口 明彦2
  •        1. 浜松医科大学 小児科
  •        2. ビー・エム・エル  


成長期における血漿PCSK9とMetabolic Markersとの相関について

吉野弥生1、岡田知雄1、斉藤恵美子2、阿部百合子1、奈良由紀1、宮下理夫1岩田富士彦1、原光彦2
麦島秀雄1、服部浩明3
  •       1. 日本大学小児科
  •       2. 東京都立広尾病院小児科
  •       3. ビー・エム・エル 先端医療開発部


第115回日本小児科学会学術集会   (2012/04/20-04/22 福岡)

ミルクアレルギーを新生児期に呈した一羊膜二絨毛膜双生児

渡邊 晶子1、加藤 由希子1、 馬場 徹1、 小野 裕之1、 中島 信一1、 福家 辰樹1、 大石 彰1、 緒方 勤1、 橋口 明彦2
  •        1. 浜松医科大学 小児科
  •        2. ビー・エム・エル  


成長期における血漿PCSK9とMetabolic Markersとの相関について

吉野弥生1、岡田知雄1、斉藤恵美子2、阿部百合子1、奈良由紀1、宮下理夫1岩田富士彦1、原光彦2
麦島秀雄1、服部浩明3
  •       1. 日本大学小児科
  •       2. 東京都立広尾病院小児科
  •       3. ビー・エム・エル 先端医療開発部

第86回日本感染症学会総会   (2012/4/25-4/26  長崎)

埼玉県下の無菌材料から分離された酵母様真菌における薬剤感受性について

金田光稔1、橋北義一2、 渡辺典之2、 結城篤3、 叶一乃4、 霜島正浩5、 山口敏行6、 前崎繁文6   
      1. 浦和医師会メディカルセンター検査部
      2. 埼玉医科大学病院中央検査部
      3. 防衛医科大学校
      4. 新渡戸文化短期大学検査学科
      5. ビー・エム・エル総合研究所
      6. 埼玉医科大学感染症科・感染制御科

埼玉県内の検査材料から分離されたMRSAの検出状況および各種臨床材料から分離されたMRSAの薬剤感受性について

打田孝枝前崎繁文2橋北義一3渡辺典之3河村亨4永野栄子5結城篤6五十里博美8阿保一茂9
布施川岳人10霜島正浩11光武耕太郎2宮里明子2、春木宏介5藤倉雄二12、天野宏一7
      1. 埼玉社会保険病院臨床検査部
      2. 埼玉医科大学感染症科・感染制御科
      3. 埼玉医科大学検査部
      4. 埼玉医科大学国際医療センター検査部
      5. 獨協医科大学附属越谷病院臨床検査部
      6. 防衛医科大学校病院検査部
      7. 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ膠原病内科
      8. 越谷市立病院臨床検査科
      9. さいたま赤十字病院検査部
      10. さいたま市民医療センター臨床検査科
      11. ビー・エム・エル総合研究所
      12. 衛医科大学校病院内科2

第24回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2012/05/12-05/13 大阪)

小児喘息患者における精製ダニ抗原Der f1特異的リンパ増殖反応の亢進

木村光明1、楢林成之1、目黒敬章1橋口明彦2
      1. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科
      2. ビー・エム・エル

喘息自己管理に向けた行動変容:ABMA問診票の臨床応用、第4報
灰田美知子1.3、小川勝利2.3.7、鎌田知2,3、黒木宏隆3,4、菅野洋3,5、橋口明彦3,6Bruce Bender8
      1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科
      2. アミカライフサイエンス
      3. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会(通称)エパレク
      4. バンビー薬局一番町店
      5. ファーマライズホールディングス株式会社
      6. ビー・エム・エル
      7. 昭和大学第一薬理学教室
      8. National Jewish Medical and Research Center, U.S.A

牛乳アレルギー児におけるダニ糞抗原特異的リンパ球増殖反応の亢進とその意義
木村光明1、楢林成之1、目黒敬章1橋口明彦2
      1. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科
      2. ビー・エム・エル


胃食道逆流症による咳嗽:問診票による鑑別
灰田美知子1,5、小柳久美子1橋口明彦2,5、小川勝利3,5,6、鎌田知3,5、黒木宏隆4,5
      1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科
      2. ビー・エム・エル
      3. アミカライフサイエンス
      4. バンビー薬局一番町店
      5. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会(通称)エパレク
      6. 昭和大学第一薬理学教室

好塩基球活性化マーカーCD203c測定による、経皮感作型小麦アレルギー患者の加水分解小麦の交差性解析
長島真由美1、猪又直子1橋口明彦2、相原道子2
1. 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学
2. ビー・エム・エル
灰田美知子1,5、小柳久美子1、橋口明彦2,5、小川勝利3,5,6、鎌田知3,5、黒木宏隆4,5
      1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科
      2. ビー・エム・エル
      3. アミカライフサイエンス
      4. バンビー薬局一番町店
      5. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会(通称)エパレク
      6. 昭和大学第一薬理学教室


第55回日本糖尿病学会年次学術集会 (2012/05/17-5/19 横浜)

筋肉VLDL受容体を介するRLP (Remnant-like lipoprotein particles)代謝とスタチンとグルコースの役割

今川美智子1、銭丸康夫1、市川麻衣1、佐藤さつき1、木村朋子1、稲葉聡1、鈴木仁弥1、高橋貞夫1
岩﨑忠雄2服部浩明2、中野隆光3、中嶋克行3
      1. 福井大学医学部病態制御医学内科学
      2. ビー・エム・エル 先端医療開発部
      3. 群馬大学医学部保健学科

VLDL受容体isoformとヒト血清分泌型VLDL受容体測定法の確立

銭丸康夫1、今川美智子1、市川麻衣1、佐藤さつき1、木村朋子1、稲葉聡1、鈴木仁弥1、高橋貞夫1
岩﨑忠雄2服部浩明2 
      1. 福井大学医学部附属病院内分泌代謝内科
      2. ビー・エム・エル 先端医療開発部

第61回日本医学検査学会 (2012/06/09-06/10 三重)

マトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)-3 測定用試薬の臨床検査における有用性の評価

飯沼克弘、高野洋、八塚信明、小川一行、岩崎忠雄、鯨岡健、石原光昭、坪井五三美
      ビー・エム・エル 総合研究所

ELISA法を用いたMycobacterium avium complex (MAC) 症患者血清中の抗体検査の有用性について

吉田春花1、宇賀神和久1、望月照次1、福地邦彦2、大西司3、山嵜肇史4、山口敏和4
      1. 昭和大学病院    臨床検査部
      2. 昭和大学医学部 臨床病理診断科
      3. 昭和大学医学部 呼吸器内科
      4. ビー・エム・エル特殊分析部



31st Congress of the European Academy of Allergy and Clinical Immunology  (16-20Jun2012  Geneva, Switzerland) 

Analysis of egg white-induced CD203c expression on Basophils is useful for prediction of severe reactions in hen’s egg challenge

Sakura Sato1, Takanori Imai1, Tomohiro Utsunomiya1, Shigeyuki Kojima2, Hiroyuki Hirai2,
Akinori Shukuya1, Motohiro Ebisawa1
      1.Department of Allergy, Clinical Research Center for Allergy and Rheumatology,
         Sagamihara National Hospital, Kanagawa, Japan
      2. R&D Center, BML, Inc., Saitama, Japan

第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 (2012/07/13-07/15 軽井沢)

薬剤アレルギー評価における好塩基球活性化試験の有用性

足立剛也1平井博之2橋口明彦2、天谷雅行1、永尾圭介1
      1. 慶應義塾大学
      2. ビー・エム・エル


第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会  (2012/7/19-7/20 福岡)

Type 2 VLDL receptor and measurement of secreted VLDL receptor in human serum

Yasuo Zenimaru1, Michiko Imagawa1, Mai Ichikawa1, Satsuki Sato1, Jinya Suzuki1
Tadao Iwasaki2, Hiroaki Hattori2, Tokuo Yamamoto3, Sadao Takahashi1
      1.Third Department of Internal Medicine, University of Fukui, Faculty of Medical Science, 
         Fukui, Japan
      2. Department of Advanced Medical Technology and Development, BML, Inc.
      3. Center for Advanced Genome Research, Institute of Development, Aging, and Cancer,  
         Tohoku University

Proprotein convertase subtilisin-like/kexin type 9 (PCSK9) removed by LDL-apheresis

Yumiko Yuasa1, Hisashi Makino2, Naoto Minamino1, Ichiro Kishimoto1, Tsukasa Osaki2
Mika Hori1, Eiko Shibata1, Mitsuaki Ishihara3, Tadao Iwasaki3, Mariko Harada-Shiba1
      1.Department of Molecular Innovation in Lipidology, National Cerebral and Cardiovascular 
         Center Research Institute
      2.Department of Endcrinology and Metabolism, National Cerebral and Cardiovascular  
         Center
      3.BML, Inc.

次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012  (2012/09/01 神戸)

担ガン動物の行動異常発現におけるプロスタノイド受容体CRTH2の役割

岩永理佐1、尾中勇祐1、叶拓也1、新谷紀人1、羽場亮太1平井博之2永田欽也2中村正孝3
早田敦子1,4、馬場明道5、橋本均1,4
      1. 大阪大院・薬・神経薬理学
      2. ビー・エム・エル
      3. 東京医科歯科大・疾患遺伝子実験センター
      4. 大阪大院・連合小児発達・子どものこころセンター
      5. 兵庫医療大・薬・薬理


第49回日本小児アレルギー学会 (2012/09/15-09/16 大阪)

牛乳負荷試験の重症度と牛乳抗原刺激による好塩基球CD203c発現誘導の関係

佐藤さくら1、今井孝成1、宇都宮朋宏1小嶋慈之2平井博之2、海老澤元宏1
      1. 国立相模原病院臨床研究センターアレルギー性疾患研究部
      2. ビー・エム・エル

新生児消化管アレルギー診断におけるアレルゲン特異的リンパ球刺激試験の有用性についての検討

木村光明1、楢林成之1、目黒敬章1、宮沢篤生2、板橋家頭夫2、大塚宜一3、今井孝成4橋口明彦5      
      1. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科
      2. 昭和大学小児科
      3. 順天堂大学小児科
      4. 国立病院機構相模原病院小児科
      5. ビー・エム・エル

第55回日本神経化学会大会 (2012/9/30-10/2 神戸)


Selective involvement of prostanoid receptor CRTH2 in depression-like behaviors

Norihito Shintani1, Yusuke Onaka1, Risa Takenaga1, Takuya Kanoh1, Ryota Haba1, Atsuko Hayata2,
Hiroyuki Hirai3, Kinya Nagata3, Masataka Nakamura4, Akemichi Baba5, Hitoshi Hashimoto2
      1. Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University, Japan
      2. United Graduate School of Child Development, Osaka University, Kanazawa University 
          and Hamamatsu University School of Medicine, Japan
      3. BML, Inc., Japan
      4. Human Gene Sciences Center, Tokyo Medical and Dental University, Japan
      5. Hyogo University of Health Sciences, Japan
      6. United Graduate School of Child Development, Osaka University, Kanazawa University  
          and Hamamatsu University School of Medicine, Japan

第3回国際観光医療学会  (2012/10/20-10/21 宇都宮)


歯科人間ドックにおけるう蝕、歯周病検査の活用

山嵜肇史、河村勝美、山口敏和
      ビー・エム・エル 第三検査部 ゲノム検査課

The 63rd American Association for the Study of Liver Diseases                                      (10-13Nov 2012  Boston, USA)


Clinical Relevance Of Interferon TypeⅢ Gene Expression In Liver Tissues With
Chronic Hepatitis C Infection.
Nobukazu Yuki1Tadashi Yamasaki2Michio Kato3Toshikazu Yamaguchi2    
  1.  Department of Gastroenterology, Osaka National Hospital
  2.  BML, Inc.
  3.  Department of Gastroenterology, Minamiwakayama National Hospital

日本衛生検査所協会 関東甲信越支部  (2012/11/22 東京)

インベーダーCervista HPV HR によるヒトパピローマウイルスDNA検査                                                       ~ハイブリッドキャプチャー法との比較~

提箸幸子、山嵜肇史、河村勝美、長野誠、山口敏和
      ビー・エム・エル 第三検査部 ゲノム検査課



第137回日本歯科保存学会秋季学術大会   (2012/11/22-23 広島)

日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討

稲垣裕司1、生田貴久1、中島由紀子1、木戸淳一1、永田俊彦1斉藤剛2田中和也2
      1. 徳大院・歯周歯内
      2. ビー・エム・エル

第62回日本アレルギー学会秋季学術大会  (2012/11/29-12/01 大阪)

好塩基球活性化試験の有用例

熊谷智彰、小嶋慈之、平井博之、荒井信貴
      ビー・エム・エル 先端医療開発部


漢方薬によるアレルゲン同定検査としてのDLSTの測定意義とBAT有効の可能性

橋口明彦1松尾久美子1並木勝弘1浦田智視1平井博之1荒井信貴1、灰田美知子2
      1. ビー・エム・エル総合研究所
      2. 半蔵門病院


好塩基球活性化マーカーCD203c測定を用いた、加水分解小麦による経皮感作型小麦アレルギーの診断の検討

猪又直子1、長島真由美1、岡田里佳1橋口明彦2、相原道子1
      1. 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学
      2. ビー・エム・エル

乳児アトピー性皮膚炎が小児アレルギーを誘発する

目黒敬章1、楢林成之1橋口明彦2、木村光明1
      1. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科
      2. ビー・エム・エル

 

喘息自己管理に向けた行動変容:ABMA問診票の臨床応用、第5報


灰田美知子1,3、小川勝利2,3,6、鎌田知2,3、黒木宏隆3,4橋口明彦33,5
      1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科
      2. アミカライフサイエンス
      3. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会(通称)エパレク
      4. バンビー薬局一番町店
      5. ビー・エム・エル
      6. 昭和大学第一薬理学教室


低月齢発症アトピー性皮膚炎患者におけるダニ、卵白およびスギ花粉抗原への感作について -ALSTを用いた検討-

西庄佐恵1橋口明彦2、木村光明3、伊藤進1
      1. 香川大学医学部小児科
      2. ビー・エム・エル
      3. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科


第41回日本免疫学会学術集会 (2012/12/05-12/07 神戸)

Prostaglandin D2 receptor CRTH2 is a critical regulator in mice model of polymicrobial sepsis

Ishii Makoto1, Asano Kouichiro2, Namkoong Ho1, Tasaka Sadatomo1, Miyake Jun1, Nakamura Masataka3,   Hirai Hiroyuki4, Nagata kinya4, Hasagawa Naoki5, Betsuyaku Tomoko1
      1. Division of Pulmonary Medicine, Department of Medicine, Keio University School of 
          Medicine
      2. Department of Pulmonary Medicine, Tokai University School of Medicine
      3. Human Gene Sciences Cemter, Tokyo Medical and Dental University
      4. Department of Advanced Medicine and Development, BML, Inc.
      5. Center for Infection Disease and Infection Control, Keio University School of Medicine

Analysis of human T helper cell 1- and 2-derived exosomes.

Ryutaro Oba, Akira Igarashi, Kinya Nagata
      Department of Advanced Medicine & Development, BML, Inc.




Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top