2013年 学会発表

第24回日本臨床微生物学会総会 (2013/2/2-2/2 パシフィコ横浜)

当研究所におけるB群連鎖球菌の薬剤感受性について

坂入 和宏、小川 美保、市村 禎宏、古畑 健司、 武井 勝明、霜島 正浩 
     ビー・エム・エル

3年間に埼玉県内8施設から分離された臨床分離株4菌種の薬剤感受性サーベイランス報告

荻野 毅史1、橋北 義一22、吉岡 浩明3霜島 正浩4、五十里 博美5、野瀬 和彦6金田 光稔7、渡辺 典之8
小川 美保4、山口 敏行9、前崎 繁文9
     1. 済生会 川口総合病院 臨床検査科 
     2. 埼玉医大 国際医療センター
     3. 埼玉県がんセンター 
     4. ビー・エム・エル総合研究所
     5. 越谷市病院
     6. 日赤 深谷赤十字病院
     7. 浦和医師会メディカルセンター
     8. 埼玉医大病院
     9. 埼玉医大病院 感染症科・感染制御科

IMP型MBL産生多剤耐性アシネトバクター(MDRA)の現状調査報告

霜島 正浩1 小川 美保1、坂入 和宏1、田中 雅士2、栖原 謙次2、秋山 徹3切替 照雄3 
     1. 株式会社 ビー・エム・エル 検査本部
     2. 株式会社 ミズホメディー 開発部
     3. 国立国際医療研究センター


第31回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会  (2013/02/07-02/09 岡山・倉敷市芸分館)

Betv1長鎖合成ペプチドによる免疫療法の可能性

植原元晴1、安部裕介2橋口明彦3平井博之3
     1. 医療法人社団うえはら耳鼻咽喉科クリニック
     2. あべ耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック
     3. ビー・エム・エル


第46回日本痛風・核酸代謝学会総会  (2013/2/14-2/15 東京 京王プラザホテル)

PCR-Invader法によるABCG2遺伝子多型解析

斉藤 剛1、松尾 洋孝2、市田 公美3、高田 雄三4、中山 昌喜2、高田 龍平5山口 敏和1 
     1.ビー・エム・エル 
     2. 防衛医科大学校 分子生体制御学講座
     3. 東京薬科大学 病態生理学教室
     4. 防衛医科大学校 共同利用研究施設
     5. 東京大学医学附属病院 薬剤部


セッション5:尿酸輸送(1)

斉藤 剛
     ビー・エム・エル 第三検査部ゲノム検査課


第28回 日本環境感染学会 (2013/3/1-3/2 パシフィコ横浜)

全国レベルにおける多剤耐性緑膿菌検出状況

霜島 正浩1、秋山 徹2、切替 照雄2
     1. ビー・エム・エル 
     2. 国立国際医療センター


第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/15-3/17 横浜・パシフィコ横浜)

PCSK9: A Marker of Responsiveness to Statin and Atherosclerosis

Masaaki Kawashiri1, Tohru Noguchi2, Mutsuko Takata1, Atsushi Nohara2, Akihiro Inazu3,  
Hiroashi Mabuchi2, Hiroaki Hattori4, Masakazu Yamagishi1
     1. Division of Cardiovascular Medicine, Kanazawa University Graduate School of medicine
     2. Department Lipidology, Kanazawa University Graduate School of Medicine
     3. Molecular Biochemistry and Molecular Biology, Kanazawa University Graduate School of 
         Medicine
     4. Advanced Medical Technology and Development, BML Inc.



日本薬学会第133年会 (2013/03/27-03/30 横浜・パシフィコ横浜)

好塩基球の活性化を指標としたカルボプラチン過敏症の予測とIgE依存性の評価

岩本卓也1、杉本浩子1平井博之2、谷田耕治3、田畑務3、奥田真弘1
     1. 三重大病院薬
     2. ビー・エム・エル
     3. 三重大医


プロスタノイド受容体CRTH2のsickness behavior発現における役割

新谷紀人1、 羽場亮太1、尾中勇祐1、武永理佐1、 叶拓也1平井博之2永田欽也2中村正孝3、早田敦子4
馬場明道5、橋本均1,4
     1. 阪大院薬
     2. ビー・エム・エル
     3. 東京医歯大
     4. 阪大院連合小児
     5. 兵庫医療大薬


ペットより分離した細菌の薬剤感受性

小田 みなみ1、岡野 剣土1、斎藤 博1、川井 眞好2霜島 正浩3、山岸 純一1 
     1. 日本薬科大学
     2. 姫路獨協大学
     3.ビー・エム・エル

第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2013/5/11-5/12 横浜・パシフィコ横浜)

好塩基球活性化試験によるカルボプラチンアレルギー患者検体の解析

小嶋慈之1、岩本卓也2平井博之1熊谷智彰1、杉本浩子2、田畑務3Gabazza Esteban4、湯田厚司5,6
奥田真弘2
     1. ビー・エム・エル先端医療開発部
     2. 三重大学病院薬剤部
     3. 三重大学医学部産婦人科学
     4. 三重大学医学部免疫学
     5. 三重大学医学部耳鼻咽喉・頭頚部外科
     6. ゆたクリニック

喘息のステロイド治療における逆流性食道炎の実態調査

灰田美知子1,5橋口明彦2,5、小川勝利3,5、鎌田知3,5、黒木宏隆4,5
     1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科
     2. ビー・エム・エル
     3. アミカライフサイエンス
     4. バンビー薬局一番町店
     5. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会(通称エパレク)


鶏卵による細胞依存性消化管アレルギー―ALSTの診断的有用性についての検討― 

木村光明1、楢林成之1、 目黒敬章1、瀬戸嗣郎1橋口明彦2
     1. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル

アトピー性皮膚炎の発症メカニズム -乳児アトピー性皮膚炎患者におけるALSTの経時的変化ー  

西庄佐恵1、 伊藤 進1橋口明彦2、木村光明3
     1. 香川大学医学部小児科
     2. ビー・エム・エル
     3. 静岡県立こども病院感染免疫アレルギー科

慢性湿疹を呈する乳児non-atopic症例におけるALSTの有用性の検討

福家辰樹1、木村光明2、石垣清水3橋口明彦4、 夏目 統1、 田口智英1、緒方 勤1
     1. 浜松医科大学小児科
     2. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科
     3. 野草こども診療所
     4. ビー・エム・エル細胞検査課細胞生物グループ


乳児アトピー性皮膚炎患者における血清TARC,卵白ALSTおよび卵白IgE間の相関について 

目黒敬章1、楢林成之1、 瀬戸嗣郎1橋口明彦2、木村光明1
     1. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル


乳児アトピー性皮膚炎患者におけるスギ花粉特異的細胞性免疫についての検討 

伊藤靖典1、徳永郁香1、目黒敬章1、 瀬戸嗣郎1、 木村光明1橋口明彦2
     1. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科 
     2. ビー・エム・エル


生後1ヶ月時にALST高値を示した健常児3例の予後 

西庄佐恵1橋口明彦2、木村光明3
     1. 香川大学医学部小児科学講座
     2.ビー・エム・エル
     3. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科


第62回日本医学検査学会 (2013/05/18-05/19 サンポートホール高松/かがわ国際会議場)

ELISA法によるMAC抗体検査の性能検証と臨床での有用性について

霜島正浩1清水恒典1 田中数也1長野 誠1、 白井正浩2
     1. ビー・エム・エル ゲノム検査課
     2. 独立行政法人 国立病院機構 天竜病院

遺伝学的検査「先天性難聴の遺伝子解析」における遺伝子変異の検出率と確定診断

霜島正浩1、清水恒典1長野 誠1山口敏和1、西尾信哉2、宇佐美真一2
     1. ビー・エム・エル ゲノム検査課
     2. 信州大学医学部 耳鼻咽喉科学教室


上気道検体より検出されたStreptococcus pneumoniaeの薬剤感受性について

森 圭介、 古畑 健司、武井 勝明、霜島 正浩 
        ビー・エム・エル 総合研究所


質量分析装置VITEK MS及びMALDI BioTyperの比較検討

飯島 一憲、上原 辰也、 佐々木 真一、古畑 健司、霜島 正浩 
        ビー・エム・エル 総合研究所

ワクチンによるアレルゲン同定検査としてのDLSTの測定意義とBAT有効の可能性
松尾 久美子
        ビー・エム・エル 総合研究所    

第87回 日本感染症学会学術講演会 (2013/6/5-6 パシフィコ横浜)

ペットより分離した細菌の薬剤感受性と耐性機構

岡野 剣土1、小田 みなみ1、市塚 智哉1、 川井 眞好2霜島 正浩3、山岸 純一1 
     1. 日本薬科大学 生命分子薬学分野
     2. 姫路独協大学薬学部衛生・微生物
     3. ビー・エム・エル 


第86 回日本産業衛生学会 (2013/7/5-7/6 宮崎市民プラザ・オルブライトホール)

N,N-ジメチルアセトアミドの生物学的モニタリング

山本 忍1、天野 有康2、中村 正3、濱野 和可子3、森 浩司3、金村 茂3、廣瀬 隆穂4木戸 誠二郎5、錦織 千賀6
竹嶋 淳6、関 顯7、杉山 浩貴7、山内 恒幸8、圓藤 陽子9、宮崎 博喜1、松本 明子1、市場 正良1 
     1. 佐賀大学 医学部社会医学講座環境医学分野
     2. 江東微生物研究所
     3. エスアールエル
     4. 近畿エコサイエンス
     5. ビー・エム・エル
     6. 三菱化学メディエンス
     7. 保健科学研究所
     8. 中央労働災害防止協会
     9. 関西労災病院

第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会 (2013/07/18-07/19 東京・京王プラザホテル)

分泌型Sortilin蛋白質(sSortilin)定量測定系の構築

鯨岡健、岩崎忠雄、小川一行、石原光昭、服部浩明
         ビー・エム・エル 先端医療開発部

Evaluation of soluble sortilin as a marker for coronary heart disease

Kazuyuki Ogawa1, Takahiro Ueno2, Mitsuaki Ishihara1, Tadao Iwasaki1, Takeshi Kujiraoka1,  
Satoshi Kunimoto3, Tadateru Takayama3, Takashi Kanai3, Atsushi Hirayama3,Hiroaki Hattori1
     1. Advanced Medical Technology and Development Division, BML Inc.
     2. Department of Nephrology, Hypertension and Endocrinology, Nihon University School of 
         Medicine
     3 .Department of Cardiology, Nihon University School of Medicine

脂質異常症におけるProprotein convertase subtillsin/kexin type9 (PCSK9)と動脈硬化症との関連性についての検討

岸本憲明1服部浩明2、井出 肇3、辻昌 宏4
     1. 北海道医療大学 個体差医療科学センター, 北海道医療大学病院 循環器内科
     2. 株式会社ビー・エム・エル 先端医療開発部
     3. 北海道医療大学病院 内科
     4. 北海道医療大学 個体差医療科学センター, 北海道医療大学病院 内科

Comparison of Effects of Pitavastatin Versus Pravastatin on Serum Proprotein Convertase Subtilisin/Kexin Type 9 Levels in Statin-Naïve Patients with Coronary Artery Disease
Tsuyoshi Nozue1, Hiroaki Hattori2, Mitsuaki Ishihara2, Tadao Iwasaki2, Tsutomu Hirano3,                    
Masa-aki Kawashiri4, Masakazu Yamagishi4, Ihiro Michishita1
     1.Division of Cardiology, Department of Internal Medicine, Yokohama Sakae Kyosai Hospital
     2.Department of Advanced Medical Technology and Development, BML, Inc.
     3.First Department of Internal Medicine, Showa University School of Medicine
     4.Division of Cardiovascular Medicine, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University

15th International Congress of Immunology                                       (2013/8/22-8/27  Milan, Italy・Mico Milano Congressi)

The role of prostaglandin D2 receptor CRTH2 in adjuvant-induced arthritis.

Yoshiki Tsubosaka1, Hiroyuki Hirai2, Masataka Nakamura3, Takahisa Murata1
     1. Department of Veterinary Pharmacology, Graduate School of Agriculture and Life 
         Sciences, The University of Tokyo
     2. Department of Advanced Medicine and Development, BML, Inc.
     3. Human Gene Sciences Center, Tokyo Medical and Dental University

第156回日本獣医学会学術集会 (2013/9/20-9/22 岐阜・岐阜大学)

PGD2-CRTH2シグナルはアジュバント誘発性関節炎を抑制する

壷阪義記1平井博之2、堀正 敏3、 中村正孝4、 尾崎 博1、村田幸久1
     1. 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医薬理学教室, 東京大学大学院 農学生命科
                               学研究科 放射線動物科学教室
     2. ビー・エム・エル 先端医療開発部
     3. 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医薬理学教室
     4. 東京医科歯科大学 疾患遺伝子実験センター

日本防菌防黴学会 第41回年次大会 (2013/09/24-09/25 東京都 きゅりあん)

医薬品製造現場から医療現場までの水の微生物管理  ー 大阪府下透析施設の透析液システムの上流から下流までの菌数と菌叢変化 -

南 伸治1、大薗 英一2霜島 正浩3、武本 佳昭4 
     1. 宝持会池田病院
     2. 信英会越谷クリニック
     3. ビー・エム・エル
     4. 大阪市立大学医学部

日本臨床検査自動化学会 第44回大会 (2013/10/11-11/13 パシフィコ横浜)

ヒスタミン遊離試験(HRT)の自動分析装置「アラポートHRT」の基礎検討

武内 剛、野間 芳弘 
   ビー・エム・エル 第三検査部細胞検査課

抗GBM抗体検出における全自動測定装置ファディア2500Eの導入効果とエリア「GBM」の性能評価

大谷 絵美、中村 一人、町田 邦光 
   ビー・エム・エル 

全自動電気化学発光免疫測定装置ピコルミ用PIVKA-II改良試薬の性能検討

長谷川 裕、小田部 三地広、大園 強 
   ビー・エム・エル 


化学発光酵素免疫測定法HISCLシステム用SP-A測定試薬の基礎的測定性能の検討

高橋 洋平, 長谷川 裕, 大園 強
   ビー・エム・エル 


日本臨床検査自動化学会 第44回大会 (2013/10/11-11/13 パシフィコ横浜)

ヒスタミン遊離試験(HRT)の自動分析装置「アラポートHRT」の基礎検討

武内 剛、野間 芳弘 
   ビー・エム・エル 第三検査部細胞検査課


第4回国際観光医療学会  (2013/10/12 ホテルグランビア京都)

ABCG2遺伝子多型検査における痛風予防

斉藤 剛1長野 誠1、 松尾洋考2、高田雄三3、 高田龍平4、 市田公美5,6、 山口敏和1
     1. ビー・エム・エル
     2. 防衛医科大学校 分子生体制御学講座
     3. 防衛医科大学校 共同利用研究施設
     4. 東京大学医学部附属病院 薬剤部
     5. 東京薬科大学 病態生理学教室
     6. 東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科


第50回 日本小児アレルギー学会 (2013/10/19-10/20 パシフィコ横浜)

小児喘息及び類縁呼吸器症状におけるダニ特異的IgEおよびALSTの特徴について

目黒 敬章1、徳永 郁香1、伊藤 靖典1、瀬戸 嗣郎1橋口 明彦2、木村 光明1
     1. 静岡県立こども病院 免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル


人工栄養が乳児アトピー性皮膚炎患者の牛乳特異的リンパ球刺激試験(ALST)とIgE抗体産生に与える影響について

伊藤 靖典1、 徳永 郁香1、目黒 敬章1、瀬戸 嗣郎1、 木村 光明1橋口 明彦2
     1. 静岡県立こども病院 免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル


牛乳蛋白による消化管アレルギーの診断に最も適したALST用抗原の組み合わせについての検討

木村 光明1、 目黒 敬章1、徳永 郁香1、 伊藤 靖典1、 瀬戸 嗣郎1橋口 明彦2
     1. 静岡県立こども病院 免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル


食物アレルギー(診断) 鶏卵による消化管アレルギーの診断における卵白蛋白特異的ALSTの有用性

木村 光明1、 目黒 敬章1、徳永 郁香1、 伊藤 靖典1、 瀬戸 嗣郎1橋口 明彦2
     1. 静岡県立こども病院 免疫アレルギー科
     2. ビー・エム・エル

第89回 新潟県臨床検査学会  (2013/11/4 朱鷺メッセ/新潟コンベンションセンター)

細菌検査を外注している施設(技師)のために! 感染制御の基礎知識 (教育講演)

霜島 正浩
        ビー・エム・エル 検査本部


第61回 日本化学療法学会  (2013/11/6-11/8 大阪国際会議場)

脳神経外科領域におけるESBL産生E.coliの検出リスク因子と治療・予後に関する検討

山田 和範1霜島 正浩2、金山 明子3、 小林 寅哲3 
     1. 中村記念南病院 薬剤部
     2. ビー・エム・エル 検査本部
     3. 東邦大学医学部 看護学科 感染制御学

本邦で分離されたメタロ-β-ラクタマーゼ産生大腸菌についての検討

矢野 寿一1、小川 美保2、遠藤 史郎1、金森 肇1、角田 梨紗子3、 猪股 真也1霜島 正浩2、石橋 令臣1
青柳 哲史1、八田 益充1、具 芳明4、山田 充啓4徳田 浩一1、國島 広之4、北川 美穂1、平潟 洋一1、賀来 満夫1 
     1. 東北大学大学院 医学系研究科 感染制御・検査診断学分野
     2. ビー・エム・エル
     3. 東北大学大学院 医学系研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科
     4. 東北大学大学院 医学系研究科 感染症診療地域連携講座


第106回日本食品衛生学会学術講演会 (2013/11/21-11/23 沖縄コンベンションセンター)

残留農薬分析における検量線の重み付けの選択と信頼区間の推定

秋山 功1、富山茂己2、高橋幸雄3
     1. ビー・エム・エル
     2. 株式会社 クレハ
     3. BioStat研究所 株式会社


第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2013/11/28-11/30東京・ホテルニューオータニ)

ヒトiPS由来マスト細胞の機能解析

五十嵐晃1熊谷智彰1平井博之1永田欽也1、花田佐智代2、海老原康博2、辻浩一郎3
     1. ビー・エム・エル先端医療開発部
     2. 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター
     3. 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター, 国立病院機構信州上田医療センター


経口免疫療法における抗原摂取量と好塩基球CD203c発現誘導の変化

佐藤さくら1 小嶋慈之2熊谷智彰2平井博之2、海老澤元宏1
     1. 国立病院機構相模原病院臨床研究センター
     2. ビー・エム・エル

乳児期の慢性湿疹における血清TARCはその後のダニ感作を予測するか 

福家辰樹1、安岡竜平1、石垣清水2 橋口明彦3、 田口智英1
     1. 浜松医科大学小児科
     2. 野草こども診療所
     3. ビー・エム・エル細胞検査課細胞生物グループ
 

乳児期のALST及びIgE抗体データと1歳以降の鶏卵アレルギー発症との相関について

目黒敬章1、徳永郁香1、伊藤靖典1、瀬戸嗣郎1 橋口明彦2、 木村光明1

     1. 静岡県立こども病院免疫アレルギー科

     2. ビー・エム・エル


喘息自己管理に向けた行動変容:ABMA問診票の臨床応用,第6報 

灰田美知子1,3、 小川勝利2,3、鎌田 知2,3、黒木宏隆3,4橋口明彦3,5、Bender Bruce6

     1. 半蔵門病院アレルギー呼吸器内科

     2. アミカライフサイエンス

     3. 環境汚染等から呼吸器患者を守る会,通称エパレク

     4. バンビー薬局一番町店

     5. ビー・エム・エル

     6. National Jewish Medical and Research Center, USA


第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会  (2013/11/29-12/1 ホテル日航金沢)

C型肝炎3剤併用療法中に生じた 皮疹発症前後におけるDLST/BATの検討

足立 剛也1平井博之2橋口 明彦2、永尾 圭介1
     1. 慶應大皮膚科
     2. ビー・エム・エル

第42回埼玉県医学検査学会  (2013/12/1 大宮ソニックシティ)

便検体の寄生虫検査で報告した原虫類について

小山 潤、生野 博、武井 勝明
       ビー・エム・エル 総合研究所


LC-MS/MSを用いたヒト血漿中アミオダロンおよびデスエチルアミオダロンの測定 

秋山 功、 岡田 優子、 田代 哲美
       ビー・エム・エル 総合研究所

ポリジオテストFCMを用いたCCR4タンパクの解析 

坂本 淳、野間 芳弘、平郡 雄二
       ビー・エム・エル 総合研究所 細胞検査課


「エリアCTDスクリーン」を用いた抗核抗体スクリーニングの基礎検討 

池澤 完城、岩上 初美、秋田 有香、中村 一人
      ビー・エム・エル 総合研究所

定量Invaderを用いたHCV core領域アミノ酸70/ 91変異相対定量解析法

田所 健一
       ビー・エム・エル 総合研究所  第三検査部 ゲノム検査課

IH-1000による不規則性抗体の自動化検討 

大串 亜友美、伊藤 芳彦、新 秀明、平間 靖
       ビー・エム・エル 総合研究所 

H.pyloriのクラリスロマイシン薬剤耐性状況  

佐々木 真一、 飯島 一憲、太田 雅人、 霜島 正浩
       ビー・エム・エル 総合研究所 


本邦におけるペニシリン低感受性B群レンサ球菌の検出状況  

飯島 一憲、太田 雅人、佐々木 真一、霜島 正浩
       ビー・エム・エル 総合研究所 

当研究所におけるマイコプラズマ/ LAMP法の検出率について 

太田 雅人、飯島 一憲、 佐々木 真一、霜島 正浩
       ビー・エム・エル 総合研究所 

EIA法によるMAC抗体検査 肺MAC症とは 

霜島 正浩
       ビー・エム・エル 総合研究所 

第36回日本分子生物学会年会  (2013/12/3-12/6 神戸・神戸ポートアイランド)

Characterization of human Th1- and Th2-derived exosomes.

Ryutaro Oba1, Akira Igarashi1, Kinya Nagata1, Watanabe Kouhei2
     1. Department of Advanced Medical Technology & Development, BML, INC.
     2. PCL Japan
         

第42回日本免疫学会学術集会 (2013/12/11-12/13 千葉・幕張メッセ)

The role of prostaglandin D2 receptor CRTH2 in adjuvant-induced arthritis

TSUBOSAKA Yoshiki1, HIRAI Hiroyuki2, NAKAMURA Masataka3, MURATA Takahisa1 
     1. Department of Veterinary Pharmacology, Graduate School of Agriculture and Life
         Sciences, The University of Tokyo
     2. Department of Advanced Medicine & Development, BML, Inc.
     3. Human Gene Sciences Center, Tokyo Medical & Dental University

電子情報通信学会バイオエレクトロニクス・バイオテクノロジー研究討論会                      (2013/12/16 東京)

臨床細菌検査の課題:結核菌~耐性菌そして院内感染まで

霜島正浩
        ビー・エム・エル 検査本部




Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top