細菌検査部  鈴木 かおり

細菌検査部 細菌検査課 鈴木かおり

1.BMLに入社した理由

BML社員その3私は、大学で勉強した知識や、習得した臨床検査技師の国家資格を活かし、多くの患者さんのために働くことができる職場を探していました。 BMLは全国から検体が集まり、受託する検体検査数が多い検査センターです。BMLに就職することで、病院やクリニックではあまり行われていない特殊な検査に携わることや、専門的な分野でのスペシャリストになりたいと思ったため、入社しました。

2.仕事内容、業務内容

現在、血液材料の細菌検査を担当しています。検体は、患者さんから採取された血液を専用のボトル容器に入れて、病院やクリニックより送られてきます。その血液ボトルを培養することで、検体中にどのような細菌がいるのかを調べ、その細菌にどの抗菌薬の効果があるのかを検査しています。血液は通常無菌状態のため、細菌が検出された場合、病態に関わる原因菌の可能性が高いです。そのため、いち早く検査結果を患者さんに返すことが重要となります。

BML社員その2

3.BMLはどんな場所(職場)か

BML社員その3 とても雰囲気のよい職場です。若い人が多いため、活気があり、気軽に質問や相談をすることができます。また、助け合って仕事ができる職場です。一人一人が率先して動くことができ、日々チームワークの大切さを感じています。先輩後輩関係も良好で、職場仲間と遊びにいくこともあります。仕事面だけでなく、人として尊敬できる人たちと仕事ができ、嬉しく思っています。

4.BMLならではの仕事のやりがい

BMLは特に細菌検査に力を入れており、世界でも数本の指に入るほどの検体数を扱っています。自分が勉強し、経験したことを糧として細菌検査を行うことが、患者さんにいち早く正確な結果を届けることに繋がるため、やりがいを感じています。また、受託している検体数が多いため、病院やクリニックではあまり検出されることがない珍しい細菌を判定することもあり、検査員としてのスキルアップが出来ると思います。私は、自分の成長を感じることで、仕事へのモチベーションがあがり、さらに勉強しようと思うことができました。

BML社員その3

5.応募者へのメッセージ

BML社員その3 医療業界に関心があり、人の役に立ちたいと思っている方は、ぜひ応募してみてください。 私は就職活動中、はじめは病院の募集にしか興味がありませんでした。しかし、実家から近い医療業界の就職先を探していた時、近くに検査センターがあることを知りました。その後、採用サイトを見て興味がわき、就職することになりました。何が自分に合うかはいろいろなところを見てみないとわかりません。すこしでも、興味がある方はぜひ一度見学にきてください。視野が広がることで、自分に何が合うのか、何がやりたいのか、新たな発見が出来るかもしれません。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top