第1回 関西ラボラトリーフォーラム

『トラブルにならない採血を目指して』


    日  程2017年5月20日(土) 15:00~18:40(開場14:15~)
    会  場グランフロント北館4階 ナレッジシアター


当日の様子

関西ラボラトリーフォーラム 当日の様子その1 関西ラボラトリーフォーラム 当日の様子その2
去る5月20日、ナレッジシアターにおいて、

「トラブルにならない採血を目指して」
というテーマで、第1回 関西ラボラトリーフォーラムを、3部構成、4講演で開催いたしました。 




代表世話人開会あいさつ

 代表世話人:渡辺 清明先生

            東京臨床検査医学センター理事長

            慶應義塾大学名誉教授          

代表世話人開会式開会あいさつ 渡辺清明先生のご挨拶

講演1 「採血のトラブル対応」

座長:川島 徹先生(写真左)

   順天堂大学医学部附属浦安病院 事務部 部長


座長:山崎 家春先生(写真右)

   東京医科大学 分子病理学分野講座

採血のトラブル対応 川島徹先生と山崎家春先生の講演の様子
演者:棚橋 洋子先生
   横須賀共済病院 中央検査科 技師長
採血のトラブル対応 棚橋洋子先生の講演の様子

演者:長津 真由美先生

   虎の門病院 臨床検体検査部 採血科 科長

採血のトラブル対応 長津真由美先生の講演の様子

棚橋先生には、採血まわりの・・・トラブルというテーマで、複数回穿刺、取り直し、副作用に関連して・・・という内容を

お話いただきました。

長津先生には、昨年に引き続き同テーマで採血室で発生するトラブルの種類と対応、苦情を減らすための教育と情報管理の取

り組みについてお話いただきました。

講演2 「神経損傷予防のポイント」

座長:渡邊  卓 先生
        杏林大学医学部長
        杏林大学医学部 臨床検査医学講座 教授
神経損傷予防のポイント 渡邊卓先生の講演の様子
演者:大西 宏明先生
         杏林大学医学部 臨床検査医学講座 教授
神経損傷予防のポイント 大西宏明先生の講演の様子

大西先生には、正中神経の走行に関する検討内容、採血時の神経損傷についてその予防策と、神経対応の実例、損傷発生後の

対応についてポイントを紹介いただきました。

講演3 「血管迷走神経反射の予防と対処法」

座長:古川 泰司先生

        帝京大学医学部  臨床検査医学講座 教授

血管迷走神経反射の予防と対処法 古川泰司先生の講演の様子

演者:入江  仁 先生
        京都府立医科大学大学院

   医学研究科 総合医療・医学教育学 助教

血管迷走神経反射の予防と対処法 入江仁先生の講演の様子

入江先生には、迷走神経反射への対処を中心に、事前の確認や採血中の観察ポイント、急変に遭遇したときの対応記録の重

要性についてお話いただきました。

総評及び世話人閉会挨拶

総評及び世話人閉会挨拶:中原 一彦先生

            東京大学 名誉教授          

総評及び世話人閉会挨拶 中原一彦先生

次回の開催予定日2017年9月

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top