会社概要

概要

会社名株式会社ビー・エム・エル (英名 BML, INC.)
本社所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目21番3号
代表者代表取締役社長 近藤 健介
設立1955年7月
資本金6,045,586千円
従業員数

4,067名(連結) (2020年3月31日現在)

事業内容臨床検査の受託業務(内分泌、血漿蛋白、生化学、ウイルス、免疫血清、 血液、細胞性免疫、細菌、病理組織 等)他
取引銀行りそな銀行新都心営業部
三井住友銀行新宿支店
みずほ銀行新宿支店
三菱東京UFJ銀行新宿通支店
北陸銀行新宿支店

役員

代表取締役社長 / 社長 * 近藤 健介
代表取締役 / 副社長 * 荒井 信貴
取締役 / 常務執行役員 * 千喜良 真人
取締役 / 常務執行役員 * 中川 雅夫
取締役 / 執行役員 * 榎本 聡
取締役 / 執行役員 * 武部 憲尚
取締役 / 執行役員 * 奈良部 安
取締役 / 執行役員 * 大澤 英明
社外取締役 関谷 紘一
社外取締役 近藤 俊之
社外取締役 寄高 由季子
常勤監査役 森下 健一
社外監査役 加々美 博久
社外監査役 德尾野 信成
執行役員 山口 敏和
執行役員 近藤 正巳
執行役員 柴田 健治
執行役員 武井 勝明
執行役員 木越 浩之
執行役員 青野 道博
執行役員 矢野間 載洋
執行役員 山下 祐二

*社長及び取締役計8名は、執行役員と兼務になります。(2020年6月26日現在)

沿革

1955年7月保存血液の製造及び販売を目的として東京都渋谷区に株式会社相互ブラッド・バンクを設立。
1964年3月輸血用血液取扱が日本赤十字社血液センターに集中されたことに伴い、臨床検査業務への事業転換に着手。
1967年8月臨床検査センターを設置し、臨床検査の受託を開始。
1973年4月検体の集配を目的として、株式会社ジャパンクリニカルサービスを設立。
1975年10月富山県富山市に営業所を設置、全国営業所ネットワークの構築に着手。
1976年7月株式会社相互生物医学研究所に商号を変更、同時に東京都中野区に本社を移転。
1978年9月医療機関で検査業務を受託する院内検査施設の設置を開始。
1980年3月自社ブランドによる臨床検査試薬「モニターGカラム」の製造販売を開始し、臨床検査試薬の製造販売事業に着手。
1981年11月富山県富山市に衛生検査所を設置、全国ラボネットワークの構築に着手。
1985年1月東京都杉並区に本社を移転、また埼玉県川越市に当社の中心となるBML総合研究所を設置、検査業務の統合及びトータルラボラトリーシステムを構築。
1986年7月病理・細胞診検査を目的として、株式会社ピーシーエルジャパンを設立。
1989年3月医療情報システムの構築を目的として、株式会社メリッツを設立。
4月株式会社ビー・エム・エルに商号を変更。
1991年6月株式会社東京公衆衛生研究所の株式を取得し、子会社とする。
11月全自動検体受付・分取・分配システム(当社呼称、「フロンティア自動分注システム」という。)完成。
1992年8月米国臨床病理医協会の臨床検査施設基準に適合し、認定を取得。
1993年4月東京都渋谷区に本社を移転。
7月子会社株式会社ビーエムエル神奈川を吸収合併。
7月松戸市および松戸市医師会との共同出資による第三セクターとして、株式会社松戸メディカルラボラトリーを設立。
1995年1月松山医師会との共同出資により、株式会社愛媛メディカルラボラトリーを設立。
6月生化学・血液学分野での一般検査を自動化・無人化する自動分析トータルシステム(当社呼称、「シンフォニー」という。)完成。
1996年1月株式会社生物医科学研究所の株式を取得し子会社とする。
7月株式会社協同医学研究所の株式を取得し、子会社とする。
1997年8月食品衛生検査を目的として、「F&S事業部」を設置。
1998年2月ホルター心電図解析等を目的として、「生体情報解析事業部」を設置。
4月株式会社鹿島臨床検査センターの株式を取得し、子会社とする。
8月千葉県柏市に調剤薬局「アリア薬局」一号店を開店。
10月ガン・肝炎検査を自動化・無人化する自動分析トータルシステム(当社呼称、シンフォニー・リガンドという。)完成。
11月(株)第一臨床検査センターの株式を取得し、子会社とする。
12月新規医療品の開発業務受託機関(CRO)を目的として、株式会社アレグロを設立。
1999年11月日本証券業協会に株式を店頭登録。
2000年1月医療情報システム事業部を設置し、電子カルテの販売を開始。
3月株式会社福島臨床検査センターの株式を取得し、子会社とする。
2001年4月東京証券取引所市場第一部に上場。
8月株式会社共同検査システムの株式を取得(当社100%保有)し、子会社とする。
2002年9月大塚製薬株式会社より臨床検査事業の営業を譲り受ける。株式会社大塚東京アッセイ研究所の株式を取得(当社100%保有)し、子会社とする。
2003年2月株式会社環境科学コーポレーションの株式を取得(当社100%保有)し、子会社とする。
2006年10月BML総合研究所に検体自動搬送ロボットによる生化学一般検査の新ライン(新シンフォニー・ケミストリー)が完成。
2007年3月調剤薬局事業を事業譲渡。
2010年9月米国コーヴァンス社と国際治験用共同ラボを設立。
2011年1月株式会社大宮臨床検査センター(現 第一岸本臨床検査センター、当社100%出資)を設立。
4月株式会社九州オープンラボラトリーズ(当社66%出資)を設立。
4月診療所向け新電子カルテ「Qualis」を販売開始。
2012年2月株式会社QOLセントラルラボラトリーズ(株式会社九州オープンラボラトリーズ100%出資)を設立。
2013年12月中国上海駐在員事務所開設。
2014年4月株式会社岡山医学検査センターの株式を取得(当社100%保有)し、子会社とする。
5月上海千麦博米楽医学検験所有限公司(中国)に出資(当時当社40%出資、現10%出資)。
2015年3月株式会社BMLメディカルワークスが株式会社メリッツサポートシステムズを吸収合併。
2019年4月株式会社東海細胞研究所の株式を取得(当社100%保有)し、子会社とする。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top