う蝕関連菌(培養法)の検査方法

測定方法

  1. 検体を3mlのPBS入り試験管に移し、ダイレクトミキサーで15分間振動させ、綿球より菌を剥離し菌の浮遊液を作製する。
  2. 得られた浮遊液をスパイラルシステム(グンゼ産業(株))を用いて、MS改良培地MSB改良培地およびラクトバチルス専用培地に塗布する。
  3. 48時間嫌気培養を行い菌量を測定する。

スパイラルシステム

インベーダー法フローチャート

測定原理

測定原理1

1.検体をセットしてスイッチを押すと一定速度でターンテーブルが回転し、その上に置かれた培地上を、サンプル塗抹チューブが先端からサンプルを吐出しながら水平に移動します。 その結果、サンプルは培地の上で螺旋状に吐抹されます。

測定原理2

2.塗抹量はステップモーターによって連続的かつ定量的に減少します。 その結果、サンプルは中心部ほど多く、周辺部にはより少なく塗抹されます。

測定原理3

3.培養後、培地上に発育したコロニーの例です。周辺部はコロニーが分離しています。

測定原理4

4.カウンティンググリッドを培地に重ね合わせ、コロニーが分離した外周部分のコロニー数を既知の塗抹量で割り算すると菌数が得られます。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top