う蝕関連菌

Streptococcus mutans (gtfB 遺伝子陽性の代表的菌種)

α-あるいはγ-溶血性のレンサ球菌でヒトの口腔に生息し、最も重要なう蝕病原菌とされています。ソルビット、マンニットを分解し、スクロースから非水溶性でかつ粘着性のα-グルカンを産生し、菌体は歯の固表面に強く付着します。多くの糖類を分解し、乳酸などを産生して歯の硬組織を溶解します。

Streptococcus sobrinus (gtfI 遺伝子陽性の代表的菌種)

う蝕の約20%に、S.mutans とともに S.sobrinus が分離され、S.mutans 単独の場合よりもう蝕の度合いが重度と評価されています。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top