シックハウス症候群について
 室内空気中の化学物質が原因で、目・鼻・喉の炎症や、めまい・頭痛など身体的影響を受けることがあります。この原因となる化学物質は建材や家具にも含まれており、家の中の化学物質によりさまざまな症状が出るため、「シックハウス症候群」と呼ばれるようになりました。このような症状は単に不快なだけではなく、長期的には健康にも影響を及ぼすと考えられています。

室内に多く存在するといわれている化学物質
 新築家屋の室内空気中の化学物質を測定すると、100種類近くの化学物質が認められるといわれていますが、特にホルムアルデヒドやトルエン・キシレン等のシンナー類、パラジクロロベンゼン等の殺虫剤が多いようです。

室内空気汚染物質測定

 このような室内空気汚染物質の測定には「アクティブサンプリング法」と「パッシブサンプリング法」の2種類があります。
 「アクティブサンプリング法」はポンプを用いて強制的に空気を捕集管に通過させ、物質を採集する方法です。
 「パッシブサンプリング法」は、空気中に拡散している分子が捕集管の吸着剤表面に自然に捕捉される現象を利用するもので、ポンプなどの機材は不要です。
「アクティブサンプリング法」のポンプ「パッシブサンプリング法」の捕集管
写真左:「アクティブサンプリング法」のポンプ
写真右:「パッシブサンプリング法」の捕集管

Chart

ご存じですか?
「シックハウス症候群」
ご存じですか?
「シックスクール症候群」
ご存じですか?「シックハウス症候群」ご存じですか?「シックスクール症候群」

お問い合わせ(株)ビー・エム・エル 環境検査課
〒350-1101埼玉県川越市的場1361-1 /TEL049-232-0760/FAX049-232-0713

環境検査TOPダイオキシン検査飲料水の水質検査排水検査

作業環境測定抗生物質・合成抗菌剤等検査残留農薬検査室内空気汚染物質測定

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top