品質・精度管理の取り組み

BMLにとって、品質保証は何ものにも勝る重要な課題です。

国際規格をクリアする品質マネジメント

国際規格ISO15189の認定を取得し、継続的に品質の向上に取り組んでいます。

ISO15189 認定登録証

ISO15189

ISO15189は、臨床検査室に特化して適用する国際規格として2003年に発行され、日本では2004年10月よりパイロット認定審査が開始されました。 BMLは、検査の品質並びに、品質を維持しつづける能力について、この国際規格が求める内容に賛同し、パイロット当初より参加。
臨床検査の品質と能力が国際的な水準にあることが評価され、2005年9月、BML総合研究所がISO15189の認定を取得いたしました。その後も、継続審査をクリアし、品質の向上に取り組んでいます。

米国CAPなどの外部監査プログラムの利用

歴史ある米国CAPの認定を維持し、CAPサーベイプログラムを積極的に利用しています。

CAP 認定登録証

CAP認定

BML総合研究所は1991年に米国CAPの認定を取得し、検査サービスの水準が常に高い水準にあることの第三者評価を受けてきました。 また、CAPには認定の前提となる、広範囲の検査項目を網羅したサーベイプログラムがあり、当社は積極的にこのプログラムに参加し、検査精度の維持向上に利用してきました。 今後もこのプログラムをはじめとする外部精度管理を積極的に利用し、当社の検査水準の確認を行うとともに、品質の向上に努めてまいります。

徹底した品質保証体制

内部監査部門・外部認定機関を活用したBMLならではの品質保証システムで、全社・全部門を厳しく監査、指導しています。

徹底した品質保証体制

検体を預かり、検査を実施する私たちにとって、精度管理は何よりも重要な課題です。そこで、内部精度管理部門として「精度管理課」を設け、厳しくチェックしています。また、品質の保証をより徹底するため、各検査部門から独立した品質管理監査部門として「品質管理部」を設け、客観的な立場から改善指導しています。
さらに、都道府県の専門委員による立ち入り検査と、外部認定機関による実地審査を受けるという、徹底した品質保証体制を敷いています。

品質保証の「信頼」を語るその他の認定・登録

その他の認定・登録

関連コンテンツ

BMLの臨床検査の特徴

精度・スピード・ネットワークなど、BMLの臨床検査事業を支える特徴についてご紹介します。

予防医学への取り組み

企業の健康診断・人間ドックをはじめとした予防医学への取り組みについてご紹介します。

検査案内

臨床検査項目を検索できるサービスです。新規受託・変更・廃止項目のお知らせもご覧いただけます。

「B-Book」- 検査項目アプリ -

臨床検査項目を検索できるアプリです。iPhone、iPad、Androidでご利用いただけます。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top