BMLの研究開発について

「たゆまざる挑戦と創造」を合言葉に、最先端の研究開発を進めています。

BMLの研究開発体制

BMLでは、研究開発の専門部門である「先端技術開発本部」を設置し、基礎的研究から新規検査法の開発まで幅広い活動を展開しています。

BML は基礎医学と臨床医学の橋渡し役を担うべく、独立した研究開発部門を置いています。医学の進歩と社会的要請に応じて画期的な臨床検査法および検査試薬を開発し、これを臨床医の方々に提供すること、また基礎医学研究においてもオリジナルな成果をあげ、医学の進歩に貢献することをめざしています。外部との共同研究も鋭意推進、また学会発表や論文発表なども積極的に行っています。

最先端の研究開発

最先端の施設と資質による研究開発で医療の発展に貢献

研究開発部門には一般実験室の他に、クリーンルーム、培養室、RI 実験施設、動物実験施設、バイオハザード対応施設など、幅広い分野の研究開発に必要な施設や最先端の機器を揃えています。臨床医や研究者の方々の要望やユーザーニーズをもとに的確な研究テーマを選定し、分子生物学や遺伝子工学、メタボロミクス・プロテオミクスなどの先端技術を駆使しつつ、研究開発に取り組んでいます。生活習慣病、自己免疫・アレルギー疾患、遺伝子・染色体検査などの分野を中心に基礎医学的研究や新しい検査法の開発、創薬開発の治験サポートなどに挑戦しています。一方で、大学や公的研究機関などと連携した共同研究プロジェクトにも積極的に参加し、医療の発展に寄与しています。

関連コンテンツ

BML倫理宣言

BMLの臨床検査・研究開発活動における倫理ガイドラインおよび活動をご紹介します。

臨床検査事業

臨床検査の分野において、医学の進歩と社会要請に合わせて新しいサービスを提供し続けています。

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.

page top